経済状態

今、まさに団塊の世代ジュニアと呼ばれる30代、ないしは40代の層が働き盛りを迎えています。

今の社会、そしてこれからの社会の中核を担うことは間違いないでしょう。

しかし、不景気のあおりを受けたこの世代は、子育てするのもやっとの経済状態にあるという現実に直面しています。

そんな中でも、子供の教育に費やす、教育ローンの効果を考えると、子供だけは守ってやりたいと言う親の自然な願いから、

その費用だけは、何とかして確保しようとするでしょう。教育ローンの効果について考えてみてください。

自分の老後の面倒は誰が見てくれるのでしょうか。ほかならぬ次の世代、つまり自分の子供ということになります。

そう考えると、今、子供にお金を投資して、教育ローンの効果を上げようとする親がいたとしても不思議なことではありません。

それは、高い教育を受けるための、特に塾に通わせるための費用かもしれませんし、スポーツをするための費用かもしれません、

あるいは子供の才能を伸ばすための、ピアノやバイオリンなどの習い事の費用かもしれません。

いずれにしても、投資したお金が還元される時が来たなら、安心な老後はもちろん、子供の幸せな将来を後押しすることにもなり、

それはまた次の世代へと受け継がれていくことでしょう。

教育ローンによってそのような効果が期待できるのであれば、たとえ今、状況が苦しくても

粘り強く生き抜いていく決意を新たにすることができるでしょう。

Comments are closed.