義務教育を終えると

お子さんが成長するにしたがって現実問題として課せられるものが教育費です。

義務教育を終えると大抵の場合、高等学校への進学という事になりますが、特に私立学校においては入学金、

授業料については公立よりも高額になる為ご家庭で資金を準備するとなると大変であります。

各金融機関で用意されている教育ローンはその為に学資金を借り入れ一時的にご家庭の負担を和らげる事から教育ローンの効果が見込めます。

教育ローンは他のローンと比べて金利優遇があり審査も厳しくないそうです。

日本では教育資金の借り入れとして奨学金制度などもありその点では諸外国と比較して充実した借り入れ制度が利用出来るようになっています。

基本的には奨学金制度の方が子供名義で借りる事が出来るので親御さんの収入証明の必要もありませんし、

学校を卒業してお子さんが返済していく形になりますのでお子さんの自覚を促しますのでこちらを利用する方が断然いいのです。

対して教育ローンは親御さんの収入証明は当然必要になります。

これによる返済も親御さんが責任を負うものですから他のローンと複数利用している場合は負担がさらにかさむ形になります。

進学費用を賄う事が出来る事で教育ローンの効果はありますが、計画的に返済の計画を立てないと後々返済に苦労する事になります。

しかし、教育ローンの効果により進学によって人生における選択肢が増える訳ですからそのために設けている制度です。

お子さんの為にも利用出来るものは利用した方がいいでしょう。

Comments are closed.